新潟のノウミンによる、日々の農作業や農についての日記。 基本ゆる~い感じで、たまにはドン引きされる勢いで、徒然なるままやっていこうと思います。

2009/03123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本販売の営業するにあたって、
どんな商品なのか?どんな企画なのか?御社にどのようなメリットがあるのか?等をまとめて企画書を作成しました。
が、なんか足りない!?まとめすぎて何か伝わんないじゃない!?と自分で読み返して思っているところ。。。

今読んでいる本に起業のお話が、
その一説、
どんな偉大な会社でも、スタートは0なんです。
『なぜ、やるのか?』  『何の為にやるのか?』その想い、
ミッション、ビジョンを宣言しちゃいましょう!
って、
あぁ~いっちゃん大事な事、抜けてましたわ(=_=)

で、自分に問い直し、企画書に追加で記入した なぜ?何の為?は、こんなんです↓

学生時代のふとした事から、本好きになりました。
様々な本達の出会いから、生き方の方向性やヒントや豊かさなど多くのものをもらってきました。
充実したサラリーマン生活を辞めて、やんごとなき事から就農して、葛藤しながらも働いているある日。
野菜を出荷している産地直売所さんで、本を販売する機会をもらいました。
本を読むよりお勧めして喜んで買って頂く事に、嬉しさ・楽しさを感じ、加えて『自分のこのちっぽけな本販売でも、社会をより良くする一つの事になるかもしれない!?』と自己満で想い、本販売を本格的に始めました。
そんな中での、ある親子の会話 子『この本、安いんでしょ?買ってよ!』母『う~ん、知らない人が使った本だから・・・』
また、保育関係の仕事をしている方からの話、『保育園や図書館の絵本って、書いたり・折ったり・切ったり・汚さないように子供に注意しなければいけないんだよね~』(公共物であるから当然の事ですが)
これらの話を聞いて、『子供ほど自分の本をもってた方(所有)が、よくない!?』『可能性・成長にフタしていない!?』 と思いリサイクル絵本・育児書に力をいれて販売していこうと思っている現在です。
よろしかったら、一緒にやらせて頂けませんか?よろしくお願いします。    
そだたべBooks 松尾雄一

営業で、この想いを読んでもらうの少し恥ずぃ(゜_゜>)けどワクワクが止まらなくなってきましたー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。