FC2ブログ
新潟のノウミンによる、日々の農作業や農についての日記。 基本ゆる~い感じで、たまにはドン引きされる勢いで、徒然なるままやっていこうと思います。

2018/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども。ネギ・大根・冬菜の移植等々、露地作業もすべて終わりまして、

「あと年末用事達をやりきれば、本格的な農閑期だぁー!ヨッシャァ!ヒャッホー!」と歓喜の雄叫びを脳内であげながら大掃除に勤しんでいる者です。

先月末らへんから近々だと昨日、広報誌やら新聞やらラジオやら業界紙やらややら・・なんか取材を受ける機会(ブームが一周しつくしてまたきてるのかな?)
が多数ありまして、色々語っちまいましてね(汗)

大掃除中、質問されたこと答えたことを思い返して当農園の色んな事考えてました。

今回は、せっかくなんでそれをプロフェッショナルの主題歌をリピートして聴きながら、一人盛り上がって文におこしていくことにします。

ずっと探していた 理想の自分って♪ もうちょっとカッーコよかったけど♪
僕が歩いてきた 日々の道のりをぉ♪ 本当は自分っていうらしい♪



段取りなく現在考えてることを下記のお題で、バァーと書き散らかす所存・・・・
まぁ、一番に自分自身に対する記事になりますのでm(_ _)m


〇就農してからいままで、良かった事や嬉しかった事
〇今後、どんなこと・経営をしていきたいのか?していくのか。
〇TPPについてどう思うか?

興味がある人は、追記へどーぞ。

〇就農してからいままで、良かった事や嬉しかった事

〇家族・親類・地元の人たちや自分の住んでる地域の事をよく考えるようになり、大切に付き合えるようになったこと。(仕事上、接する事が多くなったので、サラリーマン時代と雲泥の差)

〇「おいしーこれ!」「うまい!」「すごい!」「面白い!」「きれい!」「どうやって育てたの!?」等々、お褒めの言葉をいただいた事。(褒められると調子にのる子です)

〇自分で時間をコントロールできること。(上司や会社からでなく、自分がスケジュールの決定権)

〇自分の作った商品を陳列して、産直さんで納得した売り場をつくった事。
(自己満全開。前の仕事のせいでしょう)

〇高い責任感を肌に感じ、それに伴うすげぇー達成感を仕事で感じられる事
(サラリーマンの時もありましたが、自営業者と比べると。。)

〇ラジオが大好きになった事(一人作業の必需品、お友達です)

〇自分の理想とするやり方・経営に近づいているのを実感するとき。(まだまだですけども)

〇計画どうりにできて、自分の思い描いていたような、作業が遂行できた時や作物が育ったとき。
(気候や耕作地の状況や他の作業との兼ね合いを考え予想しての計画。練っているときも楽しい)

〇販促シールやPOP等々、デザインしてるとき。

〇年々、時給(生産効率)をあがっていくのを数値で認識するとき。
(日々、作業日誌に作物別労働時間を記載しておりますので)

〇簿記・会計に強くなったこと。(最初、青色申告やったとき頭爆発しそうになりました)

〇機械・土木の知識や技能がちくっと習得できたこと。(うちの親父さん建築関係に勤めていたのもありますが)

〇化学・生物学とかにも興味持てるようになったこと。(文系でしたので)

〇身内以外の年輩の方との会話をうまく・楽しくできるようになったこと。
(農家って、恐ろしいほど色んな組織ありまして会合も多く・・・必要に迫られて)

〇以前に比べて、洞察力・観察力。気づく能力がついたこと。
(いままで鈍感すぎた。虫とか風向きとか温度湿度とか日当たりとか自然に対して)



〇今後、どんなこと・経営をしていきたいのか?していくのか。

〇栽培技能を深化
就農当時は、稲作を中心にして様々な作目を栽培してきたが、年を追うごとに絞ってきました。
現在は、稲作に張り合えるくらいに手ごたえを感じてきてるので、できるだけ絞った作目にもっと労力を投下してプロフェッショナル的な仕事をしていきたい。
一途な仕事人って魅力あってカッケーので、自分もなりたいので。

〇販売方の移行
現在、販売先の割合としては、市場・JA6割、産直.インショップ3割、直売1割。(就農時は、9.0.1)
それをなるたけ右側に比重をもっていきたい。(とりあえず4.3.3ぐらいかな)
各販売とも長所・短所ありますが、私としては、直売に力を入れていきたいと思います。
その究極の理想モデルとなっているのが、ばーちゃんがやっていたリアカーでの家訪問の直売。
小学低学年頃一緒に手伝いまわってまして、そんな交渉しないでもスパスパ売っていくし、もし家に不在でも野菜おいて行くという販売。予約販売が多かったようですが(売った時に次の予約受ける)それがなくても個々のお客さんの冷蔵庫の中を把握していて販売(特に不在時)。一歩間違うと押し売りのクーリングオフになりかねないんですが、それだけお客さんとの信頼関係と情報を把握していたのでしょう。
その時は、当たり前におもってましたが、今考えてみるとすげぇーな究極だなと。
そこまでいかんくても、直売で予約販売。できればすぐ顔が見えるエリアでの販売に力をいれていくことにします。
現在でも商業的な宣伝しなくても地縁・血縁・幼馴染等々多くのお客様に支えていただいております。ありがとうございます。それの延長線上で、もうちょっと大きくできたらいいなぁと考えております。

〇異業種交流・コラボ
この業界に入って、7年目。最初は、ノウカ価値観に違和感ありありでした。(農家脳ってやつです。一言でいうと裸の王様)年を重ねることで、順応し悪くいうと妥協していきました。
個人事業者なんですが、色んな組織が鬼のようにありまして(地域・経営形態にもよりますが)、その会合やら行事やらで本業がおろそかになるとかならんとか。助け合いの意味もありますけども。
そうこうしているうちに、友人やら農以外のコミュニティー等々プライベート時間が激減し、お決まりの業界関係者との時間が多くを占め視野が狭くなっちゃってる昨今。(個人的な感想ですので。もちろん良いところもあります。)
打開したいので、自分から意識的に他業界との接点をもっていく時間をとるようにします。
わかりやすいとこでは、今までもやってきたワークショップ(作業体験やランタン作り)飲食関係さんとのコラボなんかあるけど。もっと接点のないもの。雑貨屋・本屋・家具屋・病院・演劇・寄席・病院・美術館・介護ホーム・花屋とか今即興でだしたようなとことかブレストで考えたりして、何かしらできたらいいと思います。

〇経営の方向性
私の大まかな経営方針は、適正な規模でその中の利益率・額をあげていく形態(スモールビジネスハイリターン)。そのために、土地集約型(うちでいうと稲作)を縮小し労働集約型(施設園芸作物等々)を拡大する。
その労働集約型の作物のなかでも”作り手によって味の差がでやすい作目”・”鮮度が重要な作目(鮮度劣化が早い)”の選択。そして、その作目でのお客様に”ワクワク感・楽しさ・面白さ”を提供でるような商品化。
そんな感じで、やっています。
が、なかなかダイナミックにやっていけない。。。
色々と原因がありますが、一番の要因は”社長(親父さん)との経営方針の相違”これなんですね。
とりあえず売上(パイがおおきくなければ旨みをとりだすのが難しい)!稲作の大規模化じゃい!今ある程度大きくなっていかないと吸収されるぞ!経営簡素化(少作目で)でわかりがよい!等々、私と逆方向なんですね。
お互いに片方が、間違えてるともいえず。均衡状態。
何回も話し合っているけど、まぁーこの状態でバランスでも現状ではいいのかも!?社長が引退するまで無理かな!?とも。。
お互いにいいところも悪いところもあるんで、今の状態を悪い風にとらずにやっていくことにしています。
煙たがらずにもっとコミュニケーションをとるようにしたいです。

〇組織化について
就農したとき、両親の仕事ぶりをみて、すぐなおさんきゃいけない!と強く思い最優先事項にしたことありました。
≪人件費(労働力)の認識≫これです。 どんなにトータル時間を使おうが、売上だけ・粗利しかみていない。
極端な話、労働力ゼロ・タダです!それと忙しい時と暇な時が極端すぎる(労働時間0か20時間かみたいな) 家族経営ならでは。。。
そんな仕事したくなかったし、継続して進化していくようにしたいと思ってましたので、
”時給の計算”(日々の作業別労働時間を細かく計算して)と”年間の労働時間の平均化”を土台に経営を考えてきました。
近年、ある程度自分の理想・妥協点まで、できるようになりました。
次は、組織化にと考え人を雇ってみましたが、未熟もんでなかなかうまくいかなく。
何がダメかというと仕事を作らなきゃいけん状態になってしまったこと(増えた人件費の為に)
売上や規模がおおきくなりますが、利益も期待しているほどあがらずその割には忙しくなり、変な対人ストレスもついてくる。。まぁー自分の経営力のなさを痛感。
で、何の為にやってるの?
幸せに楽しく仕事(生活)するためでしょ?それを土台にして、お客さんや周りの人に貢献すればいいでしょ!別に一旗あげようとか野心はないのです!なら、スモールビジネスで売上じゃなくてその中の利益を追及する経営方針でいいんじゃない!
となりまして現在にいたるのです。
まぁー現状では、うまくいってるのですが、最近は将来的に予想される農業を取り巻く環境の変化への心配や誰かに継続してもらいたいという欲がでてきましてね。
やはりもうちょっと持続可能な経営(刹那的な経営じゃなく)をしていかなきゃな~と考え、それにはやはりなんらかの組織化なのか!?と今悩み中なのです。
ダラダラいいましたが、要は保留なのです(大汗)
本当に迷っている状態なので、決めるための判断材料を増やすために多くの色んなことを情報収集していくことにします。


〇TPPについてどう思うか?
以前、当ブログでも語ってまして、その時はまだよくわからんので半々ってとこでした。
それから約一年が経ち、色々と取材等でも聞かれ、そろそろ「わかりません」では・・・ね。

で、反対・賛成どっち?の質問に答えるなら私は”TPP”反対です。となります。

理由は、
(注・偉そうに大きなこと語っておりますが大きな心で読み進めてください.自分の業界視点に寄ってるいけんかも)
”多様性が失なわれるから”と”競争一番・市場原理・成長至上主義(乱暴に総じて資本主義っていうのか!?)からの脱却”です。

なんだかんだ、現状の日本農業の批判されてますが、色んな他国の農業と比べて個人的には良いと思います。
なぜかというと、極端な大規模、財閥的な農場や企業が占めてるわけでもなく、かといって家族経営体ばかりで他国に蹂躙されてるわけでもなく、国家的な食糧戦略で莫大な補助をされてるわけでもなく(そのことによって他国の農業をぶっつ壊してるわけでもなく)、
本当に色々な経営体が現状の日本農業界のなかである状態。 
そういう状態では、一気に集中できなく効率がよくないかもですが、長所として弾力性があってアドリブがきく。(前述の私と親父の経営方針の相違ににているかな)
周りの環境が早く変わる現在、有効だと思います。
農学博士の福岡伸一さんの言葉ですが”多様性を失った種は、滅びる!”ってことをいいたいのです。
すべての業界でおもいますが、中でも農業(食糧)はなくなっては自国からダメだと思います。
できればできるだけ身近で存在するべきだと思います。極端な話、自産自消。
なくならないまでも、種類は減るのは確実だと思いますので反対でございます。

あと、そろそろ資本主義からステップアップして次の主義にいく・考えようぜ!っておもうので。
TPPみたいなことやってると加速するだけだとおもう。
効率よくわかりがよいというメリットもわかるし恩恵も受けてきましたが、もうそろそろいいんじゃねぇ!?と感じてるので反対でございます。
いきつくとこまでいっちゃって、リセットされてから次へってのもありますが、
その前に転換できればというか進化できればなぁーと。その間に、色んな種(形態・方法)がなくなったり、絶滅危惧種になってしますし。

グダグダですが、以上で、ございます。


いやーーまとまりなくただ書き散らかしただけだけど、乱文長文つかれました。眠い

こんな文章を最後まで読んでくださったあなた様。ありがとうございます。

そんなあなた様にとって、素晴らしい年になるよう願っております。

良いお年を。



世界中にあふれてるため息と 君と僕の甘酸っぱい挫折に捧ぐ♪

あと 一歩だけ 前に 進もう!♪

追伸 
文作成中、ずーっと聞いてたので、脳内でスガシカオさんの歌声がエンドレスリピート。
来年は、あと一歩だけ精神!?で頑張っていきたいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。